2014年07月

    11 : 青田 ◆t291XhvMgA [sage] : 03/05/22 11:07
    友人が中目黒のとあるホテルに泊まった時の話です。 
    彼は建物の一番端の部屋に泊まったのですが、すぐ外には非常階段がある感じ 
    でした。彼が寝入るとすぐに「カンカンカン」と非常階段を上って来る音。 
    時刻は夜中1時頃。「こんな時間に・・・、多分夜警さんだろう」と寝ぼけた頭で考えながら 
    ふとんをかぶると「ガチャッ」とドアが開く音がしました。自分の部屋のドアかと思い 
    飛び起きると、どうやら夜警さんが非常階段のドアから入ってきた様子。友人の部屋の 
    ドアと非常階段のドアはすぐそばなので当然だろうと思いつつも「うるさいな」と感じたそうです。 
    そして「コツコツコツ」と廊下を歩く音。しだいに音は遠ざかって行きました。 


    【「コツコツコツ」と廊下を歩く音】の続きを読む

    642 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/10/08 07:43
    キモチワルイ偶然が起こったのでちょっとお話しします。(くだらないけどw) 
    いつもオカ板をROMしておりますが、お気に入りのスレがありまして 
    今日もそのスレを読もうと一覧の中からクリックしました。 
    ところが手元が狂ったのか、出てきたスレがこちらのスレ・・・。 
    静岡はお隣の県だわ~と思ってそのまま読み続けることにしました。 
    「全部」を押す 
    観覧をしているうちにキモチワルイことに気づきました。 


    【キモチワルイ偶然】の続きを読む

    535 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/09/28 20:46
    えと・・・ 
    私は地理に疎いので場所はちょっと定かではないのですが・・・。 
    熱海へ旅行に行った時に山道を走ってたんですが 
    ちょっと奇妙な出来事が起きました。 
    この辺のことにご存知の方いらっしゃいませんか? 
    教えていただければ幸いです。 
    本当に今でも薄気味悪いです。


    【義兄の右顔半分が確かに水で濡れてる】の続きを読む

    823 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/11/10 18:55
    何ヶ月か前に俺の町の国道で事故があったのよ。 
    大型トラックが歩行者を轢いてしまったっていう。 

    初めは、ウォーキング中のオバちゃんが歩道の無い所で渡ろうとして 
    トラックに轢かれてしまったという話が聞こえてきた。 
    しかし先日、ママンからその事故の詳しい話を聞いた。 

    どうやら自○だったらしいと。


    【大型トラックに轢かれたオバちゃん】の続きを読む

    306 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/09/03 00:23
    俺の母の兄弟は戦時中梅ノ木になっていた 
    青梅を食べて死んでしまったそうだ。 
    とにかく食べ物が無い時期だったのだが、 
    ある日、晩飯に鶏肉が出てきたそうだ。 
    うまいうまいと食べ、腹いっぱいになって便所に行った。 
    昔の便所には換気用に壁の下のほうに窓がついているんだが 
    そこから大量の蛇の皮を見つけて、さっき食べたのが蛇だったと気づき、 
    吐いてしまったそうだ。 

    でも 俺普通に蛇食えるんですが・・・


    【俺普通に蛇食えるんですが・・・】の続きを読む

    282 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/08/29 12:12
    俺の曾爺ちゃんは昔「件(くだん)」を見たらしい。 
    件というのは頭が人、体が牛の妖怪で、大惨事が起こる前にどこからともなく現れ、 
    その大惨事のことを予言する。 
    いつものように畑仕事をしていた曾爺ちゃんの前に現れ、 
    「鉄砲水で大勢の死人が出る」 
    というようなことを言ったそうだ。曾爺ちゃんは大慌てで村の人達に知らせたのだが、 
    信じない人が大勢居たらしい。仕方なく家族と信じた人達だけで避難した。 
    その日の夜に雨が降り出し、一時間もしない内に激しい豪雨になった。 
    川は氾濫し、100人近い死傷者がでたらしい。 
    曾爺ちゃんはこの話をすると、かならず最後に 
    「引っ張ってでも連れてくれば良かった。わしのせいで死んだようなもんじゃ」と悲しそう 
    に言う。 


    【件(くだん)】の続きを読む

    264 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/29 01:19
    大分前のなんだけど、うちも 
    「扇風機つけたまま寝たら死ぬ」って小さいころ言われた。 
    そのせいで、クーラーが家にくるまでずーっと汗だくで寝てた。 
    この間知り合いと話してたら、「うちも言われた!!」って言ってたのだけど、 
    現在まだクーラーのない友達は 
    「扇風機つけたまま寝たら絶対蚊にさされない!!」と自信満々だった。 

    どっちが正しいのか・・。


    【扇風機つけたまま寝たら死ぬ】の続きを読む

    258 : age[sage] : 03/08/28 14:11
    とりあえず爺ちゃんネタで盛り上がってるから私も1つ。 

    ウチの爺ちゃん強運で徴兵制から数ヶ月の誕生日の差で逃れたそうな 
    で鉄道会社で働いてたらしんだけど、夜中に1人で線路を点検していたそうな 
    したらば後ろで車のエンジン音と人の叫び声が聞こえてきたんどよ 
    んでば振り返ってみたらばジープに乗った4人のアメリカ兵が直線でコッチに突っ込んできよるそうな 
    そんで、そのアメリカ兵に囲まれて銃を突きつけられたんだとよ。 
    何かコッチに向かって大声で叫んでるけんども英語だからサッパリ分からん。 
    何言ってるか分からないから恐くなかったけど、銃を向けられてるから刺激しちゃいけないと考え 
    ずぅ~っと黙ってたそうな。 
    そしたらアメリカ兵はそのまま叫びながらジープに乗って走り去っていったとよ 

    時間にして30分だったらしいが私は爺ちゃん見直した。 
    点検のノルマに達してないからその後、急いで仕事に戻ったそうだ 
    今ではただのノホホン爺さん。


    【人間は気持ちの持ちようだ】の続きを読む

    237 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/27 04:15
    20年ほど前、まだ小さかった俺が買い物に行くときに 
    うちの婆ちゃんが「おあげさんを買ってくるんだからマッチを持っていきなさい」と 
    小さなマッチ箱を持たせてくれた。 
    なぜマッチ箱なんか渡すのかと不思議に思い、婆ちゃんに聞いてみた。 

    婆ちゃんが若い頃、俺と同じようにおあげさんを買いに行かされた時、 
    帰り道でキツネとトンビが屋根の上からじーーーっと見つめていたそうな。 
    なんだか不気味になって早足で帰ろうとするのだが、 
    キツネとトンビが後からしつこくついてきたそうだ。 

    あまりに怖いので山小屋(炭小屋?)に隠れてしばらくやりすごし、 
    ほっとして外に出たら山小屋の屋根の上から「おあげ置いてけ!」と 
    キツネとトンビに話し掛けられて、そのまま気を失ったそうだ。 
    目がさめると家の布団で寝かされていて、 
    母親(ひい婆さん)が心配そうに「マッチを渡し忘れてた・・・」と言ってたそうだ。 
    当然おあげさんは跡形もなく消えていたそうだ。 

    天国にいる婆ちゃんへ、今の世の中はキツネやトンビより怖い人間がいるよ。 
    マッチどころかスタンガンがいる嫌な世の中になっちまった・・・ 



    238 : 銀龍 ◆rPwDRAGONE [] : 03/08/27 07:14
    >>237 
    ⊃Д`)

    236 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/08/27 03:43
    知り合いの爺様から聞いた話なんだが、 
    その爺様は若い頃は山で猟師をやっていたそうな。 
    あるとき畑に悪さをする猿の群れを追い払うようにとの依頼をされて、 
    猿の群れに向かって撃ちまくったそうな。 

    爺様はとにかく一匹でも多く退治しようと山の中に入っていき、 
    そこで一匹の猿をみつけたので、ためらいもなく引き金に指をかけたそのとき、 
    その猿が爺様のほうを見て「どうかお助けください」とばかりに 
    手と手を合わせて拝んだそうな。 
    よく見るとその猿はメスでお腹が大きかった。 
    まわりを見ると前年に生んだ子供なのだろうか、若い猿が心配そうに見ている。 
    母猿はなおも必死で手を合わせて拝み、涙まで浮かべていたそうな。 

    爺様はそのことがあってから猟師をやめた。 
    都会に出て工場で勤めながら、趣味で仏像を彫っていたそうな。 
    そんな日々が続いたある日、仕事に行こうと玄関から出たら 
    アケビが山のように置いてあったそうな。 
    不思議に思って調べてみると、猿の毛があちこちについていたらしい。 
    そんな不思議な話をしてるときの爺様は始終にこにこしていた。 


    【猿の群れに向かって撃ちまくった】の続きを読む

    このページのトップヘ