2014年07月

    787 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/12/23 17:13
    うちの祖父はものすごいガンコで、戦争の話しはよほど辛かったのか
    私には一度もしてくれませんでした。
    まわりからきいたことによると、
     南方に行かされそうになったとき、船が座礁して、そちらに行かずにすんだことが
     あったそうです。
    それと広島にいた時には、たまたま休暇で家にもどれたので
    原爆の被害をうけずにすみました。
     祖父の母親は、祖父が子供の頃に亡くなっているので、亡くなった曾おばあさんに守られて
    戦死せずにすんだのかな?と私は思っていました。
    そうやって難を逃れることの出来た祖父でしたが、
    2度も戦争にかりだされ辛い思いをし、それ以来「国」というものを信じられなく
     なり、年金にも入らず、失礼な警官なども怒鳴りつけるさらなるがんこものに。
    その祖父は7年前に亡くなりました。その時のことをひとつ。



    【体がすっと下へさがってしまいました】の続きを読む

    749 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/13 01:20

    ここ見てて思い出したんですが、
     私も職場のお客さんから「猫獄」のこと聞いた事あります!

     話してくれたのは熊本出身のMさん(67)。

     Mさんのお母さんの実家では猫を7匹ほど飼っていたのだが、
     猫が突然フッと家出することがあった。
     Mさんは祖父に「●●(猫の名前)がいなくなった」と言うと
    Mさんの祖父はあたりまえのように「ああ、猫獄行ってるだな」と答えるだけだった。
    その後、●●は10日ほどで家に戻ってきた。
    ●●は家出してた割には痩せてないし、気が荒くなったりもしていない。
    ただ、なぜか耳に切れ目が入っている。
     Mさんは最初はケンカで傷ついたのか?と思ってたんだけど
    刃物でスパッと切ったみたいな切り口だったので不思議に思ったとか。


    750 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/13 01:23
    749から続き。

     Mさんの話だと、
    ◆ 猫獄に行くのはオス猫のみ。メスは家出すらしなかった。
    ◆ 猫獄に行くのは決まって春~夏にかけて。
    ◆ オス猫が猫獄に行くのは一生に一度きり。
    ◆ 飼ってた中に12才まで生きた長寿猫がいたのだが、
    その猫だけは猫獄に2回行った。耳には傷が2つあった。

     Mさんは普段、非常に堅くて真面目な方なのでウソではない・・・と思う。



    【猫獄】の続きを読む

    702 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/05 10:27
    グァムに行く途中のルンルン気分の飛行機の中。
     友人とは現地のホテルに集合する予定だったので(出発地がばらばらだったから)
     私は一人で飛行機に乗りました。で、なんだか今日は機内がジジくさいなあと思ったら
    終戦何周年かの慰霊祭ツアーのじいさまたちに囲まれておりました。
     私の隣に座ったじいさまが話し掛けてきて、「きた!」と思ったときには時既に遅く
    唐突に戦争の話が始まりました。延々3時間、聞かされました。
    そのなかで、特に怖かった話をします。
     題して、南国のアロハ柄セーターの怪




    【生き残って野生化してたりしてな】の続きを読む

    583 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/08/23 14:20
    漏れには4つ下の弟がいる. 
    弟とは中学あたりから仲が悪くなり(漏れが一方的に嫌ったんだけど), 
    漏れが工房のときにささいなことで口を利かなくなった. 
    同じ屋根の下に住んでるのに一切口を利かないんだよ. 
    異常な兄弟w 3年くらいで家族もそれに慣れたよう. 

    で,ここからが本題. 
    今から10年くらい前,その弟がひき逃げ交通事故を起こした. 
    自己のことは詳しく書きたくないけど,要するに自分で人をはねて 
    放置あぼーん. 
    ある日自宅の外を数人の背広のオッサンがうろうろしてる. 
    どうやらガレージに置いてあるうちの(弟が普段乗っている)車に 
    注目しているらしい.プーしてて昼間も家にいた漏れが, 
    怪しいなと思って何気なく外へ出てみると 
    「警察の者なんだけど,この車運転しているのあんた?」と 
    訊いてきたので「いえ,私免許持ってませんから」と答えて, 
    ここで普通なら「何かあったんですか」とか訊くもんだろうけど, 
    漏れはなんでかそのまま宅内に戻ってしまった. 
    母親がいたので,刑事みたいのが外に来ている旨を話すと, 
    ちょうど弟が帰ってきた.そのあと記憶が定かじゃないんだけど, 
    刑事が来ているって話を聞いた弟が「えっ…」と言っていたのだけ 
    憶えてる.漏れは弟に関わりたくなかったので2階の自室に 
    戻ったが,なにやら階下が騒がしい. 

    (つづく) 


    【とりあえずお前が怖いのは分かった・・・】の続きを読む

    576 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/22 21:50
    今から五年度度前まだ私が大学生だったころのお話です。 
    ある日部屋にいたとき友達から電話がかかってきました、その友達と話をしていると 
    その友達がいきなり黙ってしまいました、不審に思ってその友達に問いただしてみると 
    その友達の電話の受話器には救急車の音が聞こえたそうです、そのときには救急車は 
    自分のアパートの周りには救急車は来ていませんでした、救急車が来ていないことを友達に伝えると 
    その友達が言うには救急車が来ていないのに電話で救急車の音が聞こえるということは 
    何かいるということらしいのです(その友達は少しだけですが霊感があります) 
    そのときは私は余り気にしていませんでした。 


    【救急車が来ていないのに電話で救急車の音が聞こえる】の続きを読む

    570 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/21 01:22
    8年ぐらい前、家に突然、汚らしい野良犬が住み着いた。その犬は全然出て行く様子が 
    なく多少愛嬌もあったので鎖などはつけず、ただエサは毎日あげていた。 
    その犬は毎朝、学校へ登校するとき自分や妹を自宅から数百メートル離れた信号まで見送りに来てくれた。 
    数ヵ月後、いつものように家を出ると、いつもついて来るはずのその犬が、門を出たすぐのところで止まって 
    全く動かない。不思議だなと思って歩きながらチラチラと後ろを振り返るが、やはりこちらを凝視したまま立ち 
    止まっている。帰宅するとその犬はどこかに消えており、二度と会うことはなかった。 
    数日後、近所の人の話で、その犬が車にはねられて死んだということを聞いた。 

    またそれから数ヵ月後、知り合いから子犬をもらった。しかしその犬を飼い始めて半年後、祖父が 
    交通事故で重傷を負って現在も後遺症が残り、その1ヵ月後に妹が病気で入院し、3ヵ月後には父も 
    病気で入院した。単なる偶然かもしれないが、今現在も飼っているこの犬を飼い始めてから立て続けに 
    こんなことが起こり、現在でもたまに、「あの野良犬を飼っておけば、こんなことにならなかったかもなぁ」 
    と家族で話すことがある。


    【汚らしい野良犬が住み着いた】の続きを読む

    558 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/13 19:46
    半分漏れというか両親というかそんなかんじなんだが、 
    かつて、漏れがまだ母親のおなかにおった頃、両親が長野県の方へ向かってたらしい。 
    両親は中央道を利用していたので恵那山トンネルにさしかかったんだ。 
    その時は父親が運転していたんだけど、父親は漏れが母親のおなかの中にいたから、 
    いつもなら、追い越し車線で走るところを走行車線でトンネルをぬけることにしたんだそうだ。 
    そしたら、後ろから青い車等が追い抜いていったんだそうだ。 
    そして、恵那山トンネルをぬけて最初のカーブで追い抜いていった車達が事故を起こしていたらしい。 

    これ聞いたとき、漏れ結構顔がひきっつた。


    【結構顔がひきっつた】の続きを読む

    548 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/09 12:33
    前の方に本や心霊写真の事がありましたが、私も不思議な経験した事あります。 
    小学校で怖い話が流行った時、自分も本が欲しくなり『学校の怪談』系の本を買いました。 
    全部読んでしまってからはあんまり読まなくなったのですが、 
    学校では読書の時間が週一であり、その時にこの本を久しぶりに読む事に決めたんです。 
    その後、読み終わってもカバンの中にしばらく入れっぱなしだったんですが、 
    なにげなく取り出してみると角の方にでかい染みが広がってたんです。 
    最初はお弁当の汁かと思ったんですけど、他の教科書には染みがなかったです。 
    そして匂いを嗅いでみるとお繊巧(おせんこう)の良い香りが…。 
    何となく捨てられなかったのですが、やっぱり怖かったので捨ててしまいました。 

    それから夢で体験した話。 
    夢の中でなまはげみたいのに追いかけられました。 
    藁みたいのを着ていて両手には刃物、物凄い怒ってる顔ですごく追いかけてきました。 
    捕まる!!って所で夢が覚めました。 
    起きた時には汗がだらだらでカチコチの体を起こしかけた時、視線が自然に足元の方に・・ 
    そこにいたんです(汗 
    とりあえず叫んでたらいつの間にかいなくなっていました。 
    不思議な事にあんなに怖い思いをしたのに即効で眠りについてました。 

    ここ読んでたら書きたくなってしまったんですが、皆さんに比べれば大した事ないですね。 
    後、関係ない話ですが私は赤、緑、青、黄色の月を見た事があります。 
    物凄く地面に近い凄く物凄くでっかい月も見た事あります。


    【なまはげ】の続きを読む

    546 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/09 05:43
    私の曾祖母が霊媒師だったので、我が家は心霊系の話が 
    割と当たり前でした。そんな我が家の怖い話をひとつ。 

    私は高校卒業まで南西諸島のある島に住んでいました。 
    高3の時、郷土学習授業(島の歴史を知るため色々まわる)があり 
    そのコースの中に風葬、戦争時代の先祖の骨がまだ野ざらしになってる 
    所があったんです 
    初めて行く私は友達と「心霊写真とれるかな? 笑」 
    なんて感じでふざけてました。 

    ところが、山の茂みをわけてその洞窟についた時 私は愕然としました 
      特大ポリバケツ ン十個に入った頭蓋骨の山山山・・・・・・!!! 
     本物の異様な迫力に圧倒され 私達は言葉を失いそこをいち早く後に 
    しバスに逃げました 

    あまりのインパクトに家に着くなり母にそのことを話したところ 
    「それね、私が小学校の時も授業でいってねぇ、その後家につくなりおばぁちゃんが 
      (お前、なにつれてきたぁ!!!)って言うのよ!」 
    恐る恐る「何だったの?しょってきちゃってたの?!」と聞くと 
    「あぁ、おかあさん赤ちゃんの頭蓋骨持って帰ってきちゃったのよ! 
    ちっちゃくてかわいくてねぇ! でもおばぁちゃんには見えたみたいで 
    すぐばれちゃった! 笑」  



    547 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/09 05:46
    !!!!!! 
    ばぁちゃんが なんか連れてきたの言い当てたとかうんぬんより 

       あんな場所から しかも頭蓋骨を持ち帰る母のヤバサが一番恐怖でした・・

    532 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/07 22:35
    今迄、ROMってました。自分の不思議な話します。 
    7年前、彼氏と東京から九州迄行った時の話しです。 
    中央自動車道って、途中から3車線から2車線になりますよね。 
    長野の佐久辺りって、照明も少なくなってますよね? 
    夜の2時くらいだったと思います。自分の車の前には、鉄骨を積んだ 
    トラックが走ってました。車は自分とトラックだけでした。 
    途中迄、全然怖くなかったのに急に「ヤバイ」 
    感じがして、運転してた彼氏に「前の車が怖いよ」って言ったんです。 
    そうしたら彼氏も嫌な感じがする。って言ってくれてサービスエリアで、 
    トラックから離れました。追い越しなんてしたくありませんでした。怖かったから。 
    小1時間潰して、走り出すと、あのトラックが事故ってました。 
    左側に鉄骨が落ちてました。 
    もし、あの時そのまま後ろを走っていたら自分に鉄骨が落ちていた事になります。 
    あの、怖さって何だったのでしょうか?


    【虫の知らせ】の続きを読む

    このページのトップヘ