2014年06月

    423 : 漁民 ◆6310Dsp4O2 [sage] : 投稿日:2003/07/27 09:06:00
    明治生まれだった祖母は、10年ほど前にこの世を去りました。 
    その祖母の父親、つまり僕の曽祖父にあたる人の話です。 

    彼は一時期、珊瑚漁の船頭をしていたそうです。 
    ある時長崎の五島列島のあたりにに漁をしに行ったのですが、 
    そこで猛烈な嵐に遭遇しました。 
    当時は気象観測も発達しておらず、台風で沈む船が後を絶ちませんでした。 

    沖合いで錨を下ろし風雨に耐えていたのですが、 
    夜も更けた頃、もう限界だということになりました。 
    そこで、船頭が波を見極め、一番大きな波が来た時に錨を切断して 
    海岸に乗り上げる作戦を立てたのです。 

    「今だっ」 
    曽祖父が合図を出した瞬間に錨綱が切られ、船はあっという間に海岸に乗り上げました。 
    漁師たちが歓喜したのは言うまでもありません。 
    とりあえず嵐が収まるまで待っていようということで、皆はそのまま船で待機していました。 


    【子供を背負った女の人がこちらに向かって泳いでいます】の続きを読む

    367 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/07/22 00:50:00
    私は直接関係してないんですがほんのり一つ。 

    私の両親はどっちも小学校の先生をしてるんですが、 
    うちの母の学校の話です。 
    母の持ってた学年ではないのですが。 
    そこの学校の修学旅行は夏休み前に行くのです。 
    確か日光だったかな。 
    そして無事修学旅行を終え、夏休みを迎えました。 
    しかし、その学年の子で男の子が一人夏休み中に事故で亡くなったそうです。 

    そして夏休みが明けて、その修学旅行の集合写真が現像されて。 
    亡くなった男の子の最後の集合写真になったそうなんですけど 
    その集合写真は背景を滝にして撮られたものでした。 
    その写真は、 
    滝がまっすぐにその男の子に伸びてるんです。 
    そこの滝は結構飛び降り自殺をする人も多いみたいで… 
    よく、滝のあるところで写真を撮って、頭に滝が落ちてると良くないと聞きますが…。 

    うちの母は「偶然かもしれないけどね…」と半信半疑(?)ですが。 
    他のクラスの集合写真は誰の頭に落ちるでもなく普通に撮れてたみたいで。 

    359 : 357[sage] : 投稿日:2003/07/21 23:58:00
    今から約3年ほど前ですが、私はある建設会社で働いてました。 
    県の指定工事業者でもあったその会社では県営住宅の保全管理も 
    していました。私は県営住宅の保全業務を任されており、何かと 
    下らない補修等で団地まで見積もりに出かけたりしていました。 
    ある日の朝、住宅○○公社から一本の電話があり、「先日○○団地 
    の3○○号室でボヤが出たそうですが、調査にはいかれましたか?」 
    という電話がかかってきました。いきなりの公社からのボヤの連絡に 
    戸惑いながらも、慌てて団地に向かったのです。 


    【様子がおかしいんです。一緒に見にきてもらえませんか?】の続きを読む

    353 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/07/21 10:48:00
    リアル消防の時、 
    ドラクエⅢ(FC版)を発売日から3日でクリアした事が自慢。 
    だったんだが・・・・ 

    その2日後位に自宅に電話がかかってきた。 
    家族が居なかったんで俺が出たんだけど、 
    いきなり切羽詰った女性の声で 
    「オーブが見つからなくて卵が孵らないんです。どうしたら良いんですか?」 

    ああ、ドラクエの話かと納得して説明したんだが、 
    電話を切ってから気が付いた。 
    全然知らない人だ・・・・ 
    なんで家の電話番号知ってるんだろう? 
    だいたい相手はドラクエとは一言も言ってなかったり。 

    後日、親戚とか学校の奴とかに聞いてみたが、 
    そんな電話はしてないって言うし・・・ 

    未だに意味不明なちょっと怖い話。 


    【ドラクエⅢ(FC版)を発売日から3日でクリアした事が自慢】の続きを読む

    230 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/07/14 08:36:00
    実話ですけど。 

    トラック運転手が高速なんかを運転してる時、トラックの後方に異変が生じたかどうかしたかを確認する為に 
    走りながらドアを開けて後ろを確認するってのはよくある事です。本当は危険だから、やっちゃいけないんだ 
    けど、いちいち止まって確認するのはめんどーだからね。で、なにかのしょうしに運転席から転落してしまうの 
    も一年のうちに日本国内で何件かあるんですね、実際。 
    で、こっからが怖いんだけど。同じような状況で落ちて死んだ運転手がいたんだけど、たまたま乗っていたト 
    ラックがそのまま走っていってしまってがけ下に転落してしてしまい、運転手の死体だけが道に残されたわけ 
    だ。 
    そして、死体だけが道に残されたわけだが深夜で高速道路という状況のため他の車が次々とその死体をひい 
    て行き朝になりました。朝になりトラックが落ちているのが発見され乗っていたドライバーを探したのだが見つ 
    かったのは頭と足首だけ。 
    それ以外の部分は車に引かれてミンチになっていました。 

    この話はその道を走ったドライバーに聞いたのだが、確かに走っていたとき道が濡れたようになってた部分が 
    あったらしい。警察も一応話しを聞きにきたらしいが、すでに死亡原因なんてわからなくなっていたから簡単な 
    事を聞かれただけだったみたい。 

    昔、東名高速で本当にあった事故でした。 

    209 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/07/11 03:34:00
    俺が中学生の頃、もう10年も前の話。 
    ある日の夜、突然警察から電話がかかってきた。 
    「○○警察ですけど、人が亡くなったんですよ~身内の方で行方不明 
    の方いらっしゃいますか?」俺はてっきりその時外出していた姉が 
    死んだのだと思い、そばで料理をしていた母に「お母さん!!」と叫んで 

    しまった。でもよく話を聞いてみると亡くなったのは40歳くらいの男性 
    でうちと同じ名字だった。でもうちの親戚にもそんな人はいないし、不思議 
    だなぁと思っていたんだけど、その人はなんとうちの電話番号が書かれた 
    紙きれを握っていたんだって・・その時マヅ怖かった。・・・あんま怖くなくて 
    ごめんね。ちなみにうちからは全然遠く離れた、地方の警察からの電話ですた。 

    151 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/04 08:15 
    冬の寒い日だった。確か、家族は1階に寝ているばあちゃんだけで、 
    父母弟じいさんはなぜかみんな泊まりに行っていた。 
    で、俺は翌日スキーの大会か何かで早く寝ていたとおもう。 
    夜もふけたころ、急に覚醒した。 
    誰かが近づいてくるような気がしたからだ。最初は下で寝ているばあちゃんかと思った。 
    でも、何のようだろう、滅多に2階に来ないし、こんな夜に・・・と不思議がりながらも寝ながら待っていた。 
    キィィイ~~とドアが軋んで誰かが入ってきた、隣のふとんをふんで(ベッドでもないのに、しきっぱなしだった) 
    近づいてくるのがわかる。 
    そのときは俺は「どろぼうだ!!」と心の中で思っていた。そいつは俺の頭の近くでとまったまま、動こうとしない。 
    「何やってんだ!とるもんとったら出てけ!」とガクガクブルブル震えながら思っていたのだが、 
    いっこうに動かないので思い切って目を開けた。 
    足とか見えるかと思ったが、何もない。 
    「え・・・?」と思い、「幽霊だったのかぁ?」と思い直しはじめていた。 
    汗をびっしょりかいている。開いたはずのドアは閉められている。 
    夢だったのだろうか・・・。そのあとふとんをかぶって寝たのだが、 
    あれほど夢か現実かわからんほどの夢を見たのはこれ以来ない。 
    心霊体験などしたことがないから今でもすごく印象に残っている。 

    182 : コピペ[] : 投稿日:2003/07/09 20:42:00
    俺のばぁちゃんに起こった出来事です。っていうか現在進行形です。 
    じいちゃんは5年ほど前に死んでしまい、家にはばぁちゃんだけでした。 
    ある日の深夜、じいちゃんが夢枕に出てきて、「気をつけろよ」とだけ言ったそうです。 
    ばぁちゃんは昔から結構霊感があるほうなので、息子(俺の叔父)に家に泊まってもらうなど結構神経質になってました。 
    しかしばぁちゃんが言うには「だれか変な人が家に入ってきてもーた」と。 
    そして日を追うごとにその変な人は実体化することが多くなり、いまでは昼間でも出るとのことです。 
    実際、ばぁちゃんの周りでは、隣人が事故にあったり、飼っていた猫が死んだり、スーパーに買い物に行って用を済ませると 
    乗ってきたはずの自転車がチョッパーになっていたり、と不思議なことが起こっています。 
    ばぁちゃん自身も変わった気がします。髪を紫に染めたり、怒りっぽくなったり。 
    今度神社とかで見てもらうことを勧めようと思います。 

    188 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/07 12:47 
    怖い体験はあまりしたことないんですが、過去に目撃して怖かった体験を。 
    くもり気味で、じとっとした夏の日、友人2人とドライブに行きました。 
    なんか気が進まなかったんですが、友人の提案で「白糸の滝」とか言う所に 
    いくことになりました。だいぶ遠くです。 
    かなり有名なミステリースポットが近くにあるらしく、 
    もう2人ともノリノリでした。行く途中には富士の樹海もありました。 
    しぶしぶ同行していた私は、あまり外を見ないようにしていました。今日中に帰 
    れるかどうか心配でした。「ここが富士の樹海だよ」と言われ、 
    なんとなく顔を上げた私は、顔を上げてまわりを見ました。 
    いつまでも続いている車道の両側は、深い森でした。建物もなく、道だけが続いていました。 
    でも、前方に人がいるのが見えました。スーツを着たハゲかかったおじさんでした。ガードレールをまたぎ、 
    すーっと、樹海の中に消えていきました。 

    このページのトップヘ