2014年02月

    92 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/25 04:51:00
    ばー様から聞いた話です。 
    じー様が若い頃、親戚の人と二人で車で山道を走ってたそうな。その山は通称ぞう山、象に似た形の山でさほど大きな山じゃない。 
    じー様の実家は象山の近くにあり、親戚の人を送っていくとこだった。 
    ふと見ると、バックミラーに髪を振り乱した女がすごい勢いで追い掛けて来るのが映ってた。 
    その女は行けども行けどもついてくる。じー様たちは必死で車を走らせた。 
    なんとか振り切ることができたが凄く気味が悪くなり、二人はじー様の実家に逆戻りした。親戚の人は怖くて帰れなくなり泊まっていったという。 
    結局、その女が何だったのかは謎である。象山で他に怖い話はないようだが、小さい頃は象山と聞くだけで震え上がったもんだった。 



    93 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/25 04:52:00
    もう一つ。夜、怪我人を担架に乗せてある山を越え、ふもとについたら怪我人が死んでいたという事が何度かあったらしい。 
    運んでいる間に狐がカサブタを食べに来て、食べられると死んでしまうという。 
    しかし怪我人が油揚げを持っていると、狐は油揚げだけ食べるので、無事に山を越えられるとの事だ。 

    47 : あなたのうしろに名無しさんが[] : 投稿日:2003/04/11 20:36:00
    祖母が若い頃体験した奇妙な話 

    夜中ぐっすり寝ていたら 
    枕元で突然大爆笑の声が聞こえ飛び起きた 
    そこには知人の若い女性が正座しており 
    何がそんなにおかしいのか、もうゲラゲラヒーヒー。 
    祖母が 
    (どうしてここにいるん?なにがそんなにおかしいの?) 
    と聞いたら、その女性は 
    [私ねー 線路の上を歩いていたのよー そしたら轢かれちゃったー] 
    [バラバラでさー 私って間抜けー あっはっははー・・・] 
    祖母はあっけにとられながらも 
    よくわかったから今夜は帰ってくれとたのんだ。 
    するとスーッと消えたらしい 
    翌朝、その女性が夕べ電車に轢かれて死んだとの連絡があった。 

    死ぬって人によっては可笑しい事なんですかねー?(W; 

    このページのトップヘ