N934_midorinioowarerutonneru_TP_V

    卒研で、実験のデータ待ちで徹夜中、同じ研究室のAが、話しかけてきた。 
    「なんで、近○ってストライキがないか知ってる?」 
    Aによると、奈良と大阪を結ぶトンネルを建設中に大事故があり、会社倒産の危機だったが従業員と会社が一致地団結して乗り切ったため、今でもストライキがないのだということだった。 
    「今、電車で通ってるのは新しいトンネルやし、そのトンネルとは違うねん」 
    A曰く、その古いトンネルはもう使われておらず、誰でも行けるらしい。 
    暇だし行っちゃう?って軽いノリでその場にいた4人(Aは実験の関係で留守番)で行くことになった。 

    【なんで、近鉄ってストライキがないか知ってる?】の続きを読む

    NOU92_kyounomachiwonagameru_TP_V

    ある年の年末年始に、両親と私の三人で京都に旅行に行く事になりました。 
    両親は既に高齢でしたので、エキストラベッドは私が使うね~ 
    と行の新幹線で京都に行ける事で 
    はしゃいでいました。 

    京都に着きホテルに入ると、嫌な感じがしましたが、疲れがたまったんだなあ位にしか思いませんでした。

    そして、エキストラベッドに荷物を置こうとして、また更に嫌な感じがしてきました。 
    なにか、ここでは寝ていけはいけない様な。恐怖さえ湧き上がってきました。 

    そして、わがままを言い、窓側のエキストラベッドではなく、部屋の1番奥のベッドで寝かせてもらいました。 

    父は旅行が趣味で、エキストラベッドには慣れてるから心配ないよ、と心良く譲ってくれました。

    【両親と私の三人で京都に旅行に行く事になりました】の続きを読む

    ZU1798DSC_8122_TP_V

    昨日、仕事が休みで釣りに行ったんだ。 
    家の近所のいつものポイント。 
    そしたら、消防の人がテント張って、浮き輪やゴムボート並べてたんだけど、訓練かなと思って、気にせず、釣りを続けてたんだ。 
    「二日前だから、そろそろ浮いてくるはず」 
    「流れ的にこっちだろ」 
    とか、話してんの。 何だ?って思ってたら、入水自殺があって、底をさらうからどいてくれっていってきた。 
    そのまま続ける訳にもいかないし、場所を移動することにした。 
    橋を渡って、再開することにしたんだけど、そのポイントには、すでに学生っぽい子がいて自分と同じような釣りバカかw って思ってたら、そいつ、 
    「お父さんの財布がでた。」 
    って、号泣しながら電話してるんだ。 
    あ、さっきの身内の人だと思って、寒かったし、人も集まってきたし、なによりそんな気分でもなくなったし、釣りは諦めて帰ることにしたんだ。

    【自殺】の続きを読む

    kemuriIMGL7003_TP_V

    ある所にダイエットが趣味の若い主婦が居た、数日前から続く便秘を契機に 
    ダイエットを始めた。 
    彼女はありとあらゆる過激なダイエットを試す日常を送り、便秘こそ治らな 
    かったものの76キロあった体重を42キロにまで落としたそうだ。 
    その後、猛烈な食欲が彼女を襲って来た、勿論これはリバウンドしようと 
    体が栄養を求めているのだと分かっていた為、ひたすら我慢に我慢を重ねた。 

    【共食い「ヴァニシングツイン現象」】の続きを読む

    KAI428008_TP_V

    模試の帰りに、折角なので難波をうろつこうということになった。 
    その当時、埼玉から引っ越してきたばかりの私は、大阪の街に不慣れで、しかも子供だけで繁華街を歩くというのも初めて(埼玉では、せいぜい、駅前のマルヒロどまりw)。 
    友人達は慣れたもんで、地下街からエスカレーターに乗ると、建物の中に入った。 
    なにやら、中高生に人気のブランドが軒を連ねているらしい。 
    どこの店の何が可愛いとか、いろいろ教えてくれるのだが、 
    ここでハグレたら家に帰れなくなるという恐怖心で、会話もそこそこに後を着いていくのに必死な私だった。 

    【難波プランタン】の続きを読む

    このページのトップヘ