37 : コピペです[sage] : 投稿日:2002/07/05 00:14:00
    635 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/07/03 08:30 
    ふとした切っ掛けで昔読んだある小説を再読したくなったんです。 
    本棚を探しましたが、当時、読んだ本はすぐ売っていたせいか見当たりませんでした。 
    無いとなるとますます読みたくなるもの。そこで早速地元の古本屋へ。 
    割と有名な作家の小説なのですぐに見つかり、帰宅して読み始めました。 
    内容とオーバーラップして甦ってくる当時の思い出に浸りながら読み進めると、 
    驚くべき事実に遭遇しました。途中のページに鉛筆で書かれた8/15 PM6:00という文字。 
    これは僕が書いた文字であり、この本は以前に僕が売ったものだったのです。 
    それは当時付き合っていた彼女とのデートの待ち合わせ日時の走り書きでした。 
    売ったのも買ったのも同じ古本屋。珍しい話ですが有り得ない話ではありません。 
    驚いた理由は別にあったのです。今から6年前に彼女は交通事故で亡くなったのですが、 
    その彼女の命日が8/15だったです。恐らくこのデートは亡くなるちょうど1年前。 
    この奇妙な巡り合わせには本当に驚きました。今でもこの古ぼけた文庫本は僕の宝物です。

    44 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/07/08 14:55:00
    それじゃ1発。 
    私の彼は病気で2年前に他界してしまいました。 
    彼は30代の頃に奥さんと死別してしまった人で(年喰っててスマソ。汗) 
    亡くなった奥さんをとても愛していた人でした。 
    「夢でも幽霊でもいいから出てきて欲しいのに、出てきてくれなかったなあ・・」 
    と言っていたのをよく覚えています。 
    その彼が、生前元気な頃に私に 
    「俺が死んだら必ずOOのところに出てきてあげるからね。俺、そういう能力 
    あるんだからね」と笑いながら言っていました。 
    私は、彼の奥さんへの想いを知っていたから、笑って頷いていました。 
    で、彼が亡くなって数ヶ月したある深夜、私が寝ていると 
    私の耳元で誰かが私の名前を呼ぶのです。はっきり聞こえました。 
    目を開けて部屋の中を見まわすと誰も居ない・・・ 
    でも、呼んだ声ははっきりと覚えていたので、ぼうっと考えていると 
    愕然としました。私を呼んだその名前の呼び方は、 
    他の誰も呼ばない、亡くなった彼が私を呼ぶときの呼び方だったのです。 
    姿は見えなかったけど、確実に彼だと確信しました。 
    「本当に約束、守ってくれたんだなあ・・・」 
    人の思いって、本当に残るのかもしれません。 

    亡くなった当初、お墓参りに行くたびに帰る時聞こえてきた「OO、ありがとう」の声も 
    深夜の訪問も、今はありません。 
    私に新しい彼ができたからかな・・・と思っていますけど。(w 
    そういえば、もうすぐお彼岸だ。久しぶりにお墓参りに行ってこようっと。

    87 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/26 01:19:00
    タクシーの座席から消える幽霊の話。
    現代日本に住む者なれば誰しもこの怪談を耳にしたことがあるだろう。
    そのルーツは意外に古く、戦前の円タク時代に既に登場している。
    昭和7年10月3日付「報知新聞」にはこうある。

    《向島区業平町58、自動車運転手横尾政一(22)が、数日前、雨の
    しょぼしょぼ降る深夜、青山墓地付近を流している中、22、3歳位の
    美しい娘を下谷まで50銭の約束で乗せた。同区谷中町27地先の門構
    えの家の前で「ここが私の家です」と自動車から降りた。女は料金を払
    わずにスーッと門内に消えた。運転手は玄関へ家人を呼び出し、娘さん
    を乗せて来た話をして料金を請求すると、「私の家に娘はおりません。
    死んだ娘の今日が1周忌にあたるので供養しているところです。
    では仏が帰って来たのでしょう」と料金を1円くれたが、運転手も気味
    が悪くなって、交番にかけ込んでそのことを訴えた.....ウソのような事実談です》。

    525 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/22 20:52:00
    結婚して、あるマンションに引っ越してきました。我が家と同時に、隣の部屋にも
    若い夫婦らしい男女が引っ越してきました。
    その一年後、その夫婦は隣の部屋を引き払って引っ越していきました。
    その後入った夫婦も、一年で引っ越していきました。
    更にその次の家族(これは若夫婦と小さい子供)は、一年と九ヶ月でやはり引越し
    ていってしまい・・・。なんでこんなに人がいつかない部屋なんだろう!?
    もしや我が家がウルサイのかなとも思ったんですが、うちは子供もいないし、一応
    かなり気を使って生活しているつもりだし、トラブルもなしです。


    【今の夫婦で4組目とか…】の続きを読む

    10 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/06/30 14:13:00
    私が小学生の時の同級生にNちゃんという、体が弱くていつも入退院を 
    繰り返している女の子がいました。 
    病名は先生も特にみんなに伝えなかったので知りませんでした。 
    6年生の3学期、入院中のNちゃんに「みんなで卒業しようね」とクラスのみんなで手紙を書きました。 
    卒業式の日を間近にしたあるひの3時間目のこと、私は窓際の席だったのですが、 
    急に光が刺してきてまぶしくなってカーテンを閉めようとしたらその光が 
    空に向かって伸びて行きました。 
    友達も目撃していて、「今の見た?変じゃない?」と話していました。 
    すると校内放送で先生が呼ばれて先生が職員室に行くと、泣きながら教室に戻ってきて 
    それにおどろいた男子が「先生、どうしたの?」と聞くと 
    「たった今Nちゃんのお母様から電話で、さっきNちゃんが亡くなったそうです」 
    みんな呆然としていて、中には泣き出す子もいました。 

    私と友達は、さっきのあの不思議な光はきっとNちゃんで、みんなに別れを言いに 
    きたのかなぁと思いました。 

    このページのトップヘ