331 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/30 23:48:00
    ウチの親戚の葬式に出たとき、そこの地域は土葬だった。 
    棺桶を担いで墓地に行き、火葬しないで埋める。 

    参列者がまずちょっと掘ったら、プロがガガ~っと穴掘って、棺桶を入れて、 
    参列者がちょっとずつ土をかけたら、プロがガガ~っと埋める手筈。 

    で、プロがガガ~っと掘るとこまでいったんですが、 
    「ありゃ~ぁ、水が出ちゃったヨ。だめだなこりゃぁ。」とか言ったりする状態に 
    なってしまった。 

    で、予定よりだいぶ浅い穴のまま埋葬する事になってしまい、とりあえず参列者が 
    土をかけた後、ガガ~っていく程もない程度に土をかけて、とりあえず棺桶は 
    見えなくなった。これで終わりと思ったんです。でもまだ続きがありました。 

    どうやら、墓標を立てるらしいんです。でも立たない。土が少な過ぎて。 
    で、どうするかというと、穴掘り業者さんが「お~い! 早くしろ!」とか言って 
    出てきたのはドリル! 

    ドリルで、「んが~ぁぁぁ!」とか言って縦穴を掘ってしまっているんですが、 
    どう考えてもそれって……… 

    無事(?)墓標は立ちましたが、有る意味とても怖かったす! 
    故人は、人格者として生前は多くの人に慕われたとてもいいひとでした。 

    2 : 1[] : 投稿日:2002/08/23 17:16:00
    会社でOLを始めるに当たり、会社の近くのアパートに引っ越してしばらくしてからの事。
    その時は日曜出勤だったので、月曜日お休みで、遊ぶ友達も、そんな曜日じゃ捕まるはずも無く、
    アパートで一人ゴロゴロと横になってテレビを見ていたら、お母さんが血相変えてやってきた。
    確かに今日、アパートに来るとは聞いていたけれど、
    ただならぬ母の様子にどうしたの?と問い掛けてみたところ、
    「屋上に誰かいて、身を乗り出してこの部屋を覗いてる!」
    三階建てのアパートの前にある駐車場に車をとめて、
    ふっと何気なく私のいる三階の部屋を見上げて、
    そこに誰かいるのを発見したらしい。
    母は見ていた。隣に住んでいる男の人だったって。
    でも、屋上は鍵がかかっていて入れない。
    大家さん呼んで来て屋上開けてもらったけど、誰もいなかった。
    どうやって登ったのか今でも不明。
    一安心だったのは、どんなに身を乗り出しても部屋までは見る事は出来なかった事。
    でも、怖くてカーテン開けられなかった。
    だって、屋上じゃなくてベランダから身を乗り出したら、確実に見えるもの。

    もちろん、すぐ引っ越しました。

    542 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/28 14:56:00
    祖母が亡くなり、火葬場に行った時の話。 
    焼く前の最後の焼香を全員が済ませ、祭壇の前が 
    無人になった、まさにその時でした。 
    突然、中央に置いてあった一輪挿しが音を立てて割れました。 
    周りの人達が口々に「余程死にたくなかったのね・・・」。 
    おばあちゃんっ子だったあたしにとって、堪えていた涙を 
    溢れさせるには充分な威力を持った出来事と言葉でした。 
    不思議と怖さは感じなかったのを覚えています。 


    【「余程死にたくなかったのね・・・」】の続きを読む

    594 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ [] : 投稿日:2003/05/10 18:06:00
    このスレを最初から読んでたんだけど 
    途中でリーンリーンリーンとお鈴みたいな音が… 


    600 : 591[sage] : 投稿日:2003/05/10 23:10:00
    >>594 
    仏壇のお鈴はよく鳴るよね。 

    って、うちだけか? 
    厨房のころ、勉強もせずに夜中まで起きてたら 
    必ず「チーン」って、一回鳴ってたぞ。 
    嫁さんも聞いたことがあるからずっと鳴っていたみたいだ。 

    仏壇を変えてから聞いたことがないな。 
    場所も移動したから聞こえにくいだけかも。 


    【仏壇のお鈴はよく鳴る】の続きを読む

    このページのトップヘ