478 : 短気なドッペルゲンガー[sage] : 投稿日:2003/04/18 04:17:00
    会社の寮(六畳一間)に入って二年、一度もゴミ捨てしておらず、かなりヤバい事になってきてる部屋に住んでる俺の体験談。 
    入口に足を向けて寝ながら本を読んでいると、突然凄まじい寒気が。 
    振り向くと、俺と同じパジャマを着て、頭がずぶ濡れの男が俯いて立っていた。 
    ふっと男が顔を上げた。俺だった。ドッペルゲンガーってやつだな。 
    訳の分からない恐怖で頭が真っ白になりつつも、なんとか一声発した。「…俺?」 
    相手は「ぁん」と答えた。機嫌が悪い時に俺が出すそのままの声で。 
    暫くお互い沈黙。こういう場合すっと消えるか、奴が迫って来て俺が気絶するかして終わりだろうと、 
    恐怖で頭がボケてた俺はなんか他人事の様に考えていたが、奴はただ立っているだけ。 
    いつまで怖がらせんだよ早く終われよ、と自棄糞気味に腹が立ってきて、「何?」と聞いてみたら、 
    「部屋汚なぁい。」とキレ気味に言い、戸も開けずにスッと外へ消えてしまった。お前に怒られても。 


    【俺だった】の続きを読む

    402 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/08 03:25:00
    俺が見たわけじゃなくて、うちのおばあちゃんの話なんだけど。 
    俺はこういう話とか、ある訳ねーって思ってるから、はっきり言って信じられないんだが。 
    でもうちのおばあちゃんも、こんな事で嘘つく人間じゃないと思ってる。 
    ばあさんが幼稚園くらいの時、その日は親戚が何人も家にいたらしい。 
    親戚達は、大人達だけで酒飲んだりしてて、子供だったばあちゃんは話についていけなかった(話とかそういう年齢じゃないが)。 
    遊んでもらえもしなかったので、ばあちゃんは外に散歩しに行った。 
    どこともなく歩いて、ばあちゃんは家の近くの神社についた。 
    神社の中で、一人でぼーっと歩いていたらしい。 
    そこでふとある物に気が付いた。 
    賽銭箱の前に、ふろしきが置いてあった。 
    ふろしきは、何かかなり大きめのスイカくらいのものを包んであるようだった。らしい。 
    なんだあれ?と近づいてみようとしたその時。異変が起こった。 
    ふろしきがモゾモゾ動いているらしいのだ。 
    そしてふろしきの結びがホロっと取れて、スイカ大の枯葉の塊みたいなものが出現。 
    次の瞬間、その枯葉の塊みたいなものは立ち上がった。 
    スイカくらいの大きさの物が立ち上がった所で、大して高くないだろ。と思いがちだが、180cmくらいあったように思えたらしい。 
    そこらへんは子供の時の記憶なので、曖昧なのかもしれないが。 
    そしてその立ち上がったその物体は、背中には藁を背負っており、その藁が隠し切れなかった体の部分は、体毛に覆われていたと言う。 
    体毛の色か、肌の色かは知らないが、茶色だったとばあちゃんは言う。 
    で、その物体?(生物か?一応)が次にした行動は、賽銭箱の所についてるあのガラガラ(名前知らん)を振って、手を合わせたらしい。 
    手を合わせた後は、一礼して神社のあの建物(これも名前忘れた)の裏に消えて行ったと言う。 

    155 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/23 01:01:00
    三年前の夏、父方の祖母が亡くなった。
    葬儀を終えて数日後、土砂降りの早朝、急に家のインターホンが鳴った。
    それも、何度も何度も立て続けに。
    俺はなんだか怖くなって親父を起こしたよ。俺だけ目を覚ましたってのも不思議だけど。
    んで、とりあえず玄関を見に行こうと二階から一階に下りた途端、インターホンが鳴り止んだ。
    もちろん、誰も居ない。雨降りだから人が来ると足跡が残るはずなのだが・・・・・・。
    それと、その祖母の納骨の時、俺の妹が留守番をしていた。
    寝ていて、ふと目が覚めた直後、電話から電話番号を入力する音が聴こえたらしい。


    【土砂降りの早朝、急に家のインターホンが鳴った】の続きを読む

    318 : 私幽霊にシカトされました(1)[sage] : 投稿日:2003/03/31 00:05:00
    今考えると最初からおかしかったんですよ、このマンション。 
    下見して戻ると不動産屋の親父が「どうでした?」って聞くもんだから。 
    ちょっと古いけど家賃安いし、ここにしますって言おうとしたら、 
    「あっ、やっぱダメですか・・」って次の物件紹介しだすんです。 
    「いや、気に入ったんでここにします」って言ったら意外そうな顔してたし、 
    急に低姿勢になっちゃうし、なんだかなあって感じ。 

    で、ここの風呂ユニットバスでトイレと一緒なんだけど排水口に長い女の髪が 
    よく詰まるんですよ。それと朝時々床が濡れてて朝一のトイレで冷たい思いを 
    何度もしました。 
    まあ髪の方は前住んでた女がだらしなくて貯め込んじゃったんだろうと思って 
    ました。前の住人が女だってのはそいつ宛に来たダイレクトメールでわかりま 
    した。(たまたま苗字が同じだったから配達されちゃったんでしょう。デス 
    メタルって言うんですか?地獄のXXとか鮮血のXXとかそういうマニアック 
    なCDのカタログでした) 


    【今考えると最初からおかしかったんですよ】の続きを読む

    67 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/12 23:28:00
    子供のころの話です。 
    うちの家の和室には観音開きの扉があって、それを開くとたたみ半畳ほどのスペースがあり、 
    そこにはなくなった父方のの祖父母の写真が飾ってありました。普通なら仏壇でもあるような 
    ところに、写真だけ。 
    ある日、寝ているとこんな夢を見ました。自分はその和室にいました。ふとその扉を見ると、 
    いつもは閉めてあるのに、その時扉は開いていました。子供の私はその写真が少し怖かったので、 
    閉めなきゃと思い、扉に近づきました。すると2枚の写真は2体のお地蔵さんに代わっていました。 
    私はぞくっとしました。怖くて動けないでいると、2体のお地蔵さんの右腕が、同時にすーっと 
    上にあがりました。なんとも不気味な光景でした。私はもう恐怖に耐えられなくなってあわてて 
    その扉を閉めようとしました。すると 「閉めるな!」 と怒鳴り声がしてその瞬間強烈な金縛りに 
    襲われました。 
    私はそのころそのほかにもよく悪い夢を見たり、金縛りにあったりしていました。 
    同居していた母方の祖母は、信心深く、その写真を早く外に出してあげたほうがいいといいました。 
    なぜなら、その夢は亡くなった祖父母が、せまいところに閉じ込められているのがいやだという 
    ことを私を通じて知らせにきたものだからだというのです。両親はそういうことには関心がなく、 
    はじめ聞き流していましたが、しぶしぶ写真を外に出してくれました。 
    それからは金縛りにあうことは少なくなりました。 

    このページのトップヘ