158 : 河童[] : 投稿日:2003/01/17 12:19:00
    それは、私が小学校低学年のころです。 
    夏休みに母の田舎へ兄弟と泊まりに行ったときです。その家は隣に川が流れており、 
    辺りの田へめぐる用水路の主流にもなっていました。このころは、水かさもあまりなく、 
    浅いところは子供が立ってもひざぐらい。深いところは腰ぐらいか胸の辺りでしょうか。 
    伯母さんの付き添いつきで、私たちは遊んでいました。浅いところで兄弟が『手押し車』 
    のまねでふざけていました。いつもは、深みに行くと兄に叱られるので、行かずにいたの 
    ですがこのときはとってもそこで泳ぎたかったので、伯母さんが兄弟に気を向けている 
    すきにその深みへ行きました。対岸は笹が生い茂り、川底にはきんぎょ藻がゆれています。 
    ただ少し濁っているのですが、ビニールの袋(農薬や肥料などが入っているような、 
    なんかもありましたが、気にしませんでした。私は泳ぎ出しました。 
    プールではないのでちゃんと手足を動かさないと、当然流されます。 
    ちょっとばたつかせては立って前に戻り、を何回したでしょうか。クロールのようにして 
    いた手足を、犬かきのようにした頃ころです。 
    「 ! 」 
    突然右足を捕まれました。驚きましたが、きっと兄のいたずらだと思いすぐ放してくれると 
    思いました。でもなかなか放してくれません。そうしている間も、溺れまいとばちゃばちゃ 
    してましたが、苦しいのに、顔を水面に出す事も出来なくなりました。 


    【顔を水面に出す事も出来なくなりました】の続きを読む

    81 : 虚悲゜経゜[sage] : 投稿日:2003/01/24 10:53:00
    私の職場の後輩は、婚約者を家に泊め、両親に紹介しました。
    その夜、彼女は後輩の家に泊まったのですが、早朝にあの大地震が起きました。
    須磨の彼女の家は幸い無事だったのですが、ようやく連絡が取れた彼女のご両親は
    まだ、余震も激しく危険だから、しばらく帰るなと娘さんに告げました。
    3月になり帰省を望む彼女を後輩は車で送りました。

    後輩の家は大阪の岬公園でしたが、須磨まで往復で1日仕事となっていました。
    彼女を送り届けた後、後輩は自宅に帰るにあたり事故だけは起こすまいと
    慎重に運転し、夜遅く帰宅しました。
    しばらくして、警察から後輩に呼び出しがかかりました。
    速度違反で阪神高速のオービスに後輩が写っているというのです。
    そんなことありえないと後輩は警察に乗り込みました。
    彼は神戸の惨状に恐怖し、必要以上に安全運転を心がけていたのです。
    しかし、そこで見せられた写真に後輩は絶句しました。
    まるで記念写真のように、はっきりと自分が写っているのです。
    だが、後輩が恐怖したのは写真に写った自分の姿でした。
    後輩は、まるで狂人のように天を向き大口を開けて笑っていたのです。
    そして,助手席には見たこともない女性が静かに鎮座していたのです.
    青ざめる後輩に警官は言ったそうです。
    「時々あるんだよ,こういうの…」

    112 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/01/03 14:04:00
    イギリスのウエスト・ヨークシャー、ブラッドフォード市の郊外に、ある渓谷 
    (けいこく)がある。今から300年ほど昔、この渓谷の近辺に一人の老婆が住んで 
    いた。老婆は山で薬草を取り、それを売って生活していた。ところがある日、誰か 
    の密告によって、この老婆が魔女であるとの告発を受けたのだ。誰が何のために 
    そのような密告をしたのかはよく分からないが、時の支配者は、その老婆を魔女裁判 
    にかけることにした。だが、魔女裁判を待つまでもなく、魔女の疑いをかけられた 
    老婆は村人にひどいリンチを受け、そして最後は巨大な草刈り鎌で首を切断されて 
    殺されてしまった。そして魔力を封じるため老婆の頭は川岸に埋められ、身体は川に 
    流された。そしてそれから一週間後。今度はある40代の女性の死体がその川岸で発見 
    された。言い伝えによるとその女性の首には、一週間前、首を切断されて殺された老婆 
    の生首が食いついていたという。実はこの女性こそ、老婆を魔女として告発した人物 
    だったのだ。驚き、そして恐怖した村人たちは祟りを恐れてこの女性の死体を川岸に 
    埋め、上に大きな石を置いて魔力封じとした。 


    【二人の争いは今でも続いているというのだろうか】の続きを読む

    157 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/17 11:11:00
    実際に体験した話です。 
    滋賀県の、ある沼で釣りをしに行った時に体験した話です。 
    暗くなり、夜の7時位だったと思います。 
    たぶん、皆(その時、7人いた)きずいてたと思うけど、怖くて 
    誰も言わなかったんだと思う。私も、かなり、怖かったし。 
    私、結構霊感あるんですよね。そこの沼、結構有名な自殺の多い沼 
    なんですよね。一回水に入ると藻にからっまって沈んでしまうんです。 
    入った人は絶対に死んでしまう恐ろしい沼。私達は、無言のまま、 
    8時まで釣りをしていたんですけど、1人が、思い切って言いました。 
    「なあ、あれ首がないんじゃないか?」って言ったんです。 
    それは、皆がきずいていたんだけど怖くていえなかった事。 
    それは、沼の反対側で人が走ってたんです。ずーーーーーっと、 
    4,5時間も前から。そして、その黒い影を、よく見ると首が無い。 
    無いのに走ってる。皆、いっせいに走って車に乗り込み家に帰りまして。 
    その後、私達は、何事も無く今にあたります。 

    このページのトップヘ