269 : えっちゃん。[] : 投稿日:2003/02/20 05:39:00
    私、小学校の低学年のころ、父に連れられ、妹たちといっしょに、 
    奈良の山奥にある大きくてすごっくキレイな川(まさに秘境!!てかんじのとこ) 
    に、泳ぎに連れて行ってもらったことがあって、父から離れたらアカンと 
    言われてるにもかかわらずそっと川の端の方にいったら、 
    ちょっとしたくぼみみたいなゾーンがあって、そこに近寄った瞬間に、ズポーン 
    ってすごく急な流れに体をすいこまれるように足をとられてその瞬間私はゴボゴボ 
    っと流され水中に・・「死ぬうっ」と思った瞬間、すーっと静かになったような気 
    がしたと思ったら、スッゴイ大きな何故か傷だらけのナマズが、するりんっと現れて 
    私の目の前を横切った。わたしはそのナマズのしっぽにつかまってスルスルと水中を 
    くぐりぬけたかとおもうと、気がついたら足のつく浅い所にいて川の砂利のうえに 
    寝転がるようにひじをついて座っていたんです。大きな岩陰でした。 
    あれ?と思うと父の呼ぶ声が向こうの方から聞こえて、わたしが岩陰から顔を出すと 
    「おまえそんなとこにおったんかー!!」といきなり頭をたたかれてすごいいきおい 
    で怒られました。わたしは、その父のあまりにもすごいけんまくにびびってしまい、 
    まさか、深みにはまって溺れかけてたなんて言えない・・と思い黙っていました。 
    その日の晩に妹だけにそっとそのことを話すと、(私はその頃、まだその魚が 
    なまずという魚だと言う事を知らなかったので)その魚を調べに行こうと、近くの 
    本屋さんの魚の図鑑を見にいくことになり、図鑑をみて、私を助けてくれた魚が 
    ナマズだったと言う事を知りました。そして妹と二人でナマズの絵を書き、 
    「ナマズさんありがとう」と夜空に向かってお祈りのような儀式をしました。 
    今思えば、あのナマズは、当時の私の体の倍以上は余裕であった気がする。 
    それを考えたらカナリ怖いけど、あれは一体何だったんだろう?と今でも 
    思います。不思議な体験でした。でも、なぜ傷だらけだったのかなぁ。  

    233 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sageコピペです] : 投稿日:2003/02/11 15:30:00
    私の母の体験談をお話しします。 

    あれは母がまだ3歳の時でした。 
    祖母が母を連れ川へ洗濯に行ったときに起きた出来事でした。 

     その日、祖母はいつものとおり洗濯を終え帰ろうと思い後ろを向くと、 
    ついさっきまで後ろで遊んでいた母が居なくなっていたのです。 
    祖母は母の名前を何度も呼びましたが、 
    返事が無くもしかすると川に流されたのではないかと思いました。 

     ふと川の横にある丘に目がいき胸騒ぎがしました。 
    その丘は、母には近づくなと言い聞かせていましたが、 
    まだ3歳の子供には越えることは出来ない丘でした。 
    それでも気になった祖母は、その丘を越え見た物は、 
    腰まで川に浸かっている母の姿でした。 
    慌てて声をかけようとした祖母はその時見てしまったのです。 

     母の前で手を出し、 
    おいで、おいで、と誘っているこの世の生き物ではないと分かるような、 
    茶色い生き物を。 

     祖母は声を出しては母が引きずり込まれると思い、 
    音を立てずそっと母の後ろへ近づき母を抱きすくめ、母の名前を叫びました。 
    するとその生き物の姿は無く母は放心状態だったそうです。 

     あの時丘の上から叫んでいたら母はあの生き物に引き込まれて 
    助からなかったのではないかと、、、 

    70 : 過去スレ(百物語スレ?)より[sage] : 投稿日:2003/04/06 02:39:00
    一緒に遊んでいた子が木から貯水池に落ちて死んだ。 
    一年くらいしてからそこのおかあさんによびだされた。 
    なんでも「実験がしたい」そうだ。 
    負い目があったのでついていった。 
    そうしたら、事件があったのと同じ木に登らされた。 
    「もっと上にのぼって、もっと先までいってみて」といって 
    そのおかあさんはこっちを枝のさきまでいくように指示した。 
    先のほうは細くなっているので 
    「もうこれ以上いかれない」といったら、 
    いきなりそのおかあさんが木をガンガンけって揺すり始めた。 
    あまりにも怖かったのでワンワンないたら、通りすがりの大人が助けてくれた。 

    警察の事情徴収をうけたあと、そのおかあさんはその木で首をつって死んだ。 
    その夜からだじゅうから水をぽたぽた垂らした幽霊になってあらわれた。 
    今でも時々でる。 
    霊能力者には怖がってつけこまれるようなことさえなければ無害だが、 
    これから先一生あなたについてまわるといわれた。 

    202 : 青田 ◆t291XhvMgA [] : 投稿日:2003/01/31 16:52:00
    数十年前になるけど、近所で少女行方不明事件があった。 
    現在も見つかっていなくて行方不明のままだ。これは全国版の新聞でも 
    紹介されたし事件があった事だけは紛れも無い事実だ。 
    どの事件か特定出来るような記述は避けておく。 
    これから書く事はよくある噂話のようなもので真実は判らないので・・・。 
    その事件が起こってから4、5年経過した頃、俺は母親からこんな話を聞いた。 
    「この前ね、Iさんが雨の日に夕方、**町の奥にある池のほとり歩いてたんだって。 
    そしたら女の子が傘もささずに向こうの方から歩いてきて・・・ほら、あそこは 
    あまり人も通らない所だし、家も少ないでしょ?あの近辺にある家の子供だったら 
    大体顔見知りだけど、その子は全然見たことなかったんだって。 
    雨の中傘もさしてないから、ちょっと変だな?と思ったらしいの。 
    そのまますれ違ったんだけど、気になるから少し歩いて振り返ったら誰も 
    いなかったんだって。もう怖くなって急いで走って帰ったんだって」 
    池のほとりのどこですれ違ったのか判らないけど、そこは急に姿を隠したり出来る 
    場所なんてないし見通しも良い為、俺も少し不思議に思った。 
    「それでねIさんが言うには、その女の子が・・・ほら、あの行方不明になった 
    娘がいたでしょ?**ちゃん。あの娘にそっくりだったっていうのよ」 
    これには俺も後からとってつけたような話で、ふ~んと聞き流した。 
    それから数日後、まったく別の人からこんな話を聞いた。 
    「行方不明になった**ちゃんっているでしょ?霊能者の人があの子の家から 
    東南の方角に埋まっているって言ってるんだって。**ちゃんの姿が濡れた 
    ように見えるから池か沼の中に埋まっているんじゃないかって言うんだけど、 
    本当なのかしらねぇ~」 
    これを聞いて俺は驚いた。Iさんが少女を見た池というのは、行方不明になった 
    娘の家から東南の方角にあるからだ。 
    もしかすると少女はその池の中に沈んでいるのかも知れない。 

    このページのトップヘ