804 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/15 20:54:00
    5年ほどまえに父を亡くしました。 
    体を壊して働けなくなり、やけになってアルコールやギャンブルに走って借金を作り、 
    最後は「飲んだら死ぬよ」と医者に言われながらも飲んで死んでしまいました。 
    もっと優しくしてあげられたらヤケになることなかったのかなとか、苦労させられたけど 
    何かできることがあっただろうになと後悔でいっぱいでした。 
    父が亡くなった朝、叔母が父が夢枕に立ってお辞儀していったと聞きました。挨拶しに 
    きたんだろうねえと言われていましたが、それならどうして私のところにこないんだろうと 
    密かに憤慨したものでした。 
    怖がりで暗い部屋や人気の無い夜道を歩くのは大嫌いな私ですが、いかにも『出そう』 
    な場所にいれば父と会えるような気がして、わざとそういう場所でしばらく佇んだりも 
    しました。 

    すみません、続きます 


    【いかにも『出そう』な場所にいれば父と会えるような気がして】の続きを読む

    790 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/09 15:48:00
    親友を交通事故で亡くしました。 
    そいつは女で異性の親友だったけど、夢が一緒で、ずっと頑張ろうなって励ましあっていました。 
    結構可愛いやつなのに、すげーはっちゃけてる子で、 
    俺が失恋した時も、男友達みたいに「めそめそすんな!まぁ酒呑め!」と 
    笑って励ましてくれたり、俺にとってはかけがえのない存在だった。 

    事故にあった日、俺は大学の友達と呑み歩いてて、携帯をとらずにいた。 
    次の日も、二日酔いがひどく、寝ていた。メールも読まなかった。 
    そして、体調が良くなった翌々日、知り合いからの大量の着信とメールに気づき、彼女の死を知った。 

    正直信じられなかったし、葬式に行っても、うわの空だった。 
    だけど、彼女の母親から「ずっとY君が好きだったってあの子は言ってたのよ。お葬式来てくれてありがとう」と言われた。 
    初めてそいつの気持ちを知り、俺はすごく泣いた。 


    【親友を交通事故で亡くしました】の続きを読む

    904 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/19 03:14:00
    叔母が子供の頃(昭和30年代)、 
    叔母が夕食に出た鯨の肉を食べたものの、噛みきれなかったので無理矢理飲んだそうな。 
    しかし、噛みきれなかった肉は子供の喉には大きかったらしく、 
    鯨の肉は喉で止まり、呼吸ができなくなった叔母はその場でぶっ倒れ、意識を失った。 
    祖母や祖父(叔母の両親)が叔母の背中を叩いたり、喉に手を入れてみようとしたがどうにもならず、 
    みるみるうちに、叔母の顔は血の気が失せていった。(父談) 
    隣の家の人に頼んで車を出してもらい、 
    呼吸の止まった叔母と付き添いの祖母を乗せて、車は病院へ向って走り出した。 

    走り出して間もない所で、車の前におばあさんが飛び出した。 
    運転していた隣家の人は急ブレーキを踏み、車は急停止。 
    その急停止の振動で、叔母の口から鯨の肉が出て、叔母は意識を取り戻したそうな。 

    一方、車を運転していた隣家の人は、「これは轢いたな…」と思いつつ車を降りましたが、 
    車の前に飛び出したはずの「おばあさん」は、車の前にも周囲にも、どこにもいませんでした。 

    幻のようにいなくなった「おばあさん」は、ひょっとしたら人間じゃなかったかもしれないけど、 
    おかげで叔母は今でも元気です。 



    905 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/19 03:26:00
    >>904 
    最近、京都で似たような事あったよね。おばあさんが信号無視してバスは急停車→しかしおばあさんは忽然と姿を消す・・・ 

    789 : あなたの後ろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/08 17:30:00
    うちの祖母が88年に亡くなった時。 
    その数日前から私の姉はタイに旅行に出かけていて、ちょうど祖母の亡くなった 
    日にちの頃は、サムイ島にいたらしい。 
    当時のサムイは現在とは違って、「西欧人バックパッカーだけが行く秘境リゾート」 
    みたいなとこで、姉もバンコクで知り合ったベルギー人の若者グループと来ていた。 
    (何しろ、夜11時になると島中の電気が途絶えて、ロウソクで生活・・・みたいなスゴさ 
    だったとか) 

    そんな88年のサムイ島にいた姉は、ある朝いちばんに目が覚めて、 
    「はあー、今日もいい天気~~」 
    とベランダでうーんとやってると、ふと日本語で 
    「幸せになるんやで~~」 
    と聴こえたので「はあ?」と思ったらしい。 
    こんな日本人のいないところで何で???と。 

    数日後姉はバンコクに戻ってきてようやっと国際電話で日本に連絡がとれるように 
    なった(当時のサムイは国際電話なんてかけられるはずない)。 
    で、、初めてお祖母ちゃんの死を知って「ひょっとしてこの間のあの声は・・」と 
    なったそうだ。 

    祖母にとって姉は初孫でいちばん可愛がってもらえたから思い入れも強かったのかな~・・・と。

    481 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/10/29 13:25:00
    自分が16歳だった頃体験した、ちょっとヘンな話。 

    熱烈に好きだった娘がいたんです。 
    仮に名前をA子さんとします。 
    A子さんとは結構意気投合してたので 
    気軽に部屋とかも遊びに行ってました。 
    でも、気弱だった自分はどうしても 
    想いを告白する事ができませんでした。 
    ある日、A子さんの部屋で何をする訳でもなく 
    ダラダラと一緒にテレビを観てたりしたのですが 
    ふと本棚にあった『トランプ占い』の本が 
    目につきました。まあ、ヒマでしたので 
    トランプを借りて恋愛占いでもやってみる事にしました。 
    『相手は誰?』『ヒミツー!!』とか言いながら 
    コッソリと目の前のA子さんの事を想いながら 
    カードを混ぜて占った結果は・・・『ハートの8』のカード。 
    『あなたは彼女に愛されています!!』 
    という最高の結果でした。(つづく) 


    【心霊ちょっともったいない話か?】の続きを読む

    このページのトップヘ