129 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 05:26:00
    祖父が小さかった頃、3キロくらい離れた親戚の家の祭りに独りで行った。 
    祖父の両親は農作業で忙しく祭りには行けなかった。夕暮れ時になったら 
    祖父はご馳走を貰って家に帰り、祭りのご馳走を家で皆で食べることになっていた。 

    家で祖父と祭りのご馳走を待っていた家族はいつまでたっても祖父が 
    帰ってこないので心配になって迎えに行った。 
    祖父の家から親戚の家までの間の道は家が殆ど無い寂しい道だった。 
    (当時は電話などなかったので、簡単に連絡が取れず、直接迎えに行くしかなかった) 
    親戚に着くと、とっくに祖父は家を出たと言う。 
    祭りに来ていた人たちは祖父が帰らない事を聞いて、 
    「あー。化かされてるねー。田んぼの真ん中辺りにいるよー」と笑って言ったそうだ。 

    実際に祖父は田んぼの中の小道で見つかった。遠くに自分の家がある集落の灯り 
    が見えるのに歩いても歩いても近くならず、近道をしようとして田んぼの中の 
    道に入ったのにどうしても灯りが近くならなかったとか。 

    狐か狸にバカにされたらしいと判った祖父は怒った。 
    そして自分の家の祭りのご馳走を今度はその親戚の家に届けることにした。 
    こんどは化かされないぞと出かけた。 
    祖父はちゃんと親戚の家に着いて、親戚の家に重箱を渡した。親戚の人が重箱を 
    返すために中のご馳走を別のお皿に移そうとして重箱の蓋を開けたら、 
    綺麗に端の部分が空だったそうだ。どうやら油揚げを綺麗に抜かれたらしかった。 

    その親戚が住んでいた場所は妖怪もでて、その土地に嫁入りしたお嫁さんは 
    嫁入りした日に、これからは夜道で名前を呼ばれても絶対振り返ってはいけないと 
    家族からきつく教えられたのだとか。 
    それを家族が言い忘れてしまって教えてもらえなかった某若いお嫁さんが 
    呼び止められて振り返ってしまって何やら恐ろしいものをみて道で倒れているのを 
    見つかったらしいのだけど、結局そのお嫁さんは怯えたまま実家に逃げ帰ったのだとか。

    92 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/25 04:51:00
    ばー様から聞いた話です。 
    じー様が若い頃、親戚の人と二人で車で山道を走ってたそうな。その山は通称ぞう山、象に似た形の山でさほど大きな山じゃない。 
    じー様の実家は象山の近くにあり、親戚の人を送っていくとこだった。 
    ふと見ると、バックミラーに髪を振り乱した女がすごい勢いで追い掛けて来るのが映ってた。 
    その女は行けども行けどもついてくる。じー様たちは必死で車を走らせた。 
    なんとか振り切ることができたが凄く気味が悪くなり、二人はじー様の実家に逆戻りした。親戚の人は怖くて帰れなくなり泊まっていったという。 
    結局、その女が何だったのかは謎である。象山で他に怖い話はないようだが、小さい頃は象山と聞くだけで震え上がったもんだった。 



    93 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/25 04:52:00
    もう一つ。夜、怪我人を担架に乗せてある山を越え、ふもとについたら怪我人が死んでいたという事が何度かあったらしい。 
    運んでいる間に狐がカサブタを食べに来て、食べられると死んでしまうという。 
    しかし怪我人が油揚げを持っていると、狐は油揚げだけ食べるので、無事に山を越えられるとの事だ。 

    47 : あなたのうしろに名無しさんが[] : 投稿日:2003/04/11 20:36:00
    祖母が若い頃体験した奇妙な話 

    夜中ぐっすり寝ていたら 
    枕元で突然大爆笑の声が聞こえ飛び起きた 
    そこには知人の若い女性が正座しており 
    何がそんなにおかしいのか、もうゲラゲラヒーヒー。 
    祖母が 
    (どうしてここにいるん?なにがそんなにおかしいの?) 
    と聞いたら、その女性は 
    [私ねー 線路の上を歩いていたのよー そしたら轢かれちゃったー] 
    [バラバラでさー 私って間抜けー あっはっははー・・・] 
    祖母はあっけにとられながらも 
    よくわかったから今夜は帰ってくれとたのんだ。 
    するとスーッと消えたらしい 
    翌朝、その女性が夕べ電車に轢かれて死んだとの連絡があった。 

    死ぬって人によっては可笑しい事なんですかねー?(W; 

    142 : 名無しさん脚[] : 投稿日:2003/02/07 22:49:00
    漏れが免許を取って間もないころ、海を見に行こうと一人で某国道を深夜に一人で走っていると、
    前方に二つの赤い灯が見えました。国道ですからほかの車が走っているのは当たり前なので別に気にもかけませんでしたが
    ちょっとおかしいのです、こちらが加速すると向うも加速して、こちらが減速すると向こうも減速して車間距離が全く変わらないのです。
    道が直線になったところで私は確かにおかしいと感じました。前を走っている車らしいものはヘッドライトをつけていないのです、
    漏れが急ブレーキをかけた瞬間二つの赤い灯は消えました、そして路肩に車を止めて呆然としている私が見たものは、私の車のヘッドライトに照らされた壊れたガードレールでした、その向うは深い谷になっていて
    もし気づくのが遅かったらと思うと今でもぞっとします。

    40 : ◆/gMR5eBC/k [sage] : 投稿日:2003/04/08 11:15:00
    ウチの婆さんは10年くらい前に死んだんだけど 
    死ぬちょっと前に婆さんが面白い事を言った。 

    当時はもう80超えていて、痴呆が始まっていたので起きていれば 
    常に1人言をブツブツと言っていたのだが、ある日突然 
    「みっちゃんどうしたの?」と壁に向かってハッキリとした口調で 
    目の色を変えて言い出した。 
    この「みっちゃん」と言うのは婆さんと大変仲の良かった妹さんなのだが 
    もう30年前にウチの婆さんが東京に出てきてからは1度も会ってなくて 
    手紙は毎月交換していたが、電話は2年に1回くらいしかしないという 
    関係だったらしい。俺は昔の写真しか見た事がなかったしその人の話も今まで 
    ほとんど聞いた事がなかった。 


    【これを読んだ直後は後ろを振り返らないで下さい…】の続きを読む

    このページのトップヘ