905 : ビル管さん@お昼休み中 ◆U4iui5RiAw [] : 投稿日:2003/10/02 12:31:00
    こんにちは。 
    今日は先輩…っていうか、課長から聞けたお話です。 
    課長がまだ僕と同じくらいの歳の頃に、あるテナントビルさんから補修依頼をもらいました。 
    そのビルは損保会社さんがビルオーナーのテナントビルで、12階建てです。 
    今でもありますが、ミラーガラスに黒いサッシの洒落た感じのビルです。 
    そのビルの8階に入居されていた、ある企業の支店長さんからの依頼だったそうです。 
    その依頼とは「非常階段の扉を封鎖して欲しい」でした。 
    課長は「無理です」と断ったそうです。 
    無理もありません、管理会社が非常階段を封鎖したなんて言ったら、消防からものすごく怒られます。 
    だってその階から避難出来ないですもんね。 
    でも、その支店長さんは「どうしても…ダメですか?」と食い下がるんだそうです。 
    課長が困っていると支店長さんは「じゃ、今夜来て下さい」と言ったそうです。 
    その夜課長がその支店長さんを尋ねると、支店長さんをはじめ男性社員ばかり5人も残って待っていたらしいです。 
    ただならぬ雰囲気に圧倒されながら課長が話を切り出すと、支店長さんは例の「非常階段に行きましょう」と言い 
    課長を連れていきました…男性社員達もゾロゾロと後を着いて来て異様だったそうです。 
    そこで聞いた話はこうでした…「この階段にいると飛び降りたくなる」 
    皆さんがくちを揃えそういうんだそうです。 
    「今に死人が出そうだから怖いんです」と。 
    課長も下を見てみると、廻りのオフィスのキラキラの夜景に反して、真下は真っ暗で吸い込まれそうだったそうです。 
    「あのまま飛び降りても、無事っぽい感じがした」と課長は言ってました。 
    でも、扉封鎖は無理で柵を付ける…って事で納得してもらったそうです。 
    でも、その階だけなんだそうです。 
    「下見ると飛び降りたくなる衝動」に駆られるのって。 
    だから、今もビルはありますが、8階の非常階段にだけ高い柵が付いています。 
    みなさんも機会があったらビルを見上げてみて下さい。 
    中途半端に柵の付いたビルがあるかもしれません。 
    その階には「飛び降りたい衝動」が蠢いてるのかも知れません。 

    223 : 1コピペ ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/09 12:05:00

    学生時代サバイバルゲーマーだった友人OさんとKさんの体験談です。 
    彼らは学生時代、あるチームに入って一緒にサバゲーをやっていました。 
    ある日、彼のチームメイトのAさんが面白い話を持ってきました。 
    彼の父親の会社が持っている廃ビルで夜間市街戦をやろうというのです。 
    あと1週間で取り壊してしまうので、中でBB弾をいくらバラ撒いても大丈夫。 
    なんならドアを蹴破ろうが窓ガラスを破ろうが、何をしてもいいとお墨付きをいただいていたそうです。 
    こんなチャンスはそうそうあるものではありません。 
    当然、彼らはその話に飛び付きました。 
    その次の土曜の晩、仲間たち十数名を引き連れその廃ビルに行きました。 
    迷彩服を着て現場に到着したサバゲーチーム一行。 
    最初の一戦は中身を知らない方が面白いからと、2チームに別れて正門側と裏門側からビルに侵入し、 
    15分間の停戦時間内に陣地を設営、その後交戦開始というのが、彼らの設定したシナリオでした。 
    OさんとKさんはチームメイトがスチール机や本棚を使って陣地を設営している間に、 
    偵察に出ることにしました。 


    【「あれは霊の仕業だ」】の続きを読む

    219 : 1コピペ ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/09 12:00:00
    今まで書く事をためらってましたが、今となっては本当にあった事なのか、 
    霊感ゼロの私としては信じられない事でもあり、 
    今となっては時効(勝手に思っているだけ)と解釈して書きます 
    3年前、私は一部上場企業のA建設の現場で図面を書く仕事をしてました。 
    その現場は大阪城の西側に在り、 
    隣の中学校からは戦時中の遺骨が出てくるなどした場所でもありました。 
    工期は2年半で何の事故もなく着々と順調に進み, 
    残すところ後3ヶ月に迫った時でした。 
    現場は建物が完成し外構工事にかかろうとしている時期で、 
    皆定時に帰る事が出来るようになっていました。 
    和やかな雰囲気のある現場になり、皆今までの苦労を振り返りながら 
    あかるい職場になっていたときある悲しい事件が起きました 
    それは現場でガードマンをしていたおっちゃんが事故にあい, 
    1週間ほどして亡くなられたのです。 


    【「身代わり」になっていると思うのは私だけかもしれませんが・・・・】の続きを読む

    216 : 1コピペ ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/09 11:58:00
    どうも、ゆいこです。 
    週末を利用してダイビングに行って来ました~ 
    この話は,そこのオーナーに聞いた話。 
    水難事故の時に警察のダイバーが出動しますよね。 
    ダイビングって基本は二人一組なんですけど、 
    その時はベテランの方と、実質初めての出動、という若い方。 
    心中現場に潜って遺体を引き上げることになったそうです。 
    潜航していくと、車はすぐ見つかりました。 
    若い方のHさんが近寄ると…まず、女性が見えました。 
    海の中ではただでさえ赤色系が見えなくなるので、顔色は真っ白。 
    カッと見開かれた目がHさんを見つめ、長い髪がユラユラ揺れて… 
    「…やだな~」 
    プロでも人間。怖いものは怖いです。しかも新人なんだもん。 
    でも、プロ。 
    ベテランダイバーのTさんは、Hさんにドアを開けるように指示して 
    自分は男性側にまわりこみました。 


    【「…まだ男のほうがいい…」】の続きを読む

    211 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage某サイトからコピペです。バレバレですが] : 投稿日:2003/06/08 
    玄関のチャイムが鳴ります。 
    外に人がいることを確認して扉を開けます。 
    その時、思いませんか? 
    この人はこの世の人だろうかと。 

    友人に消防官の人がいます。 
    彼が非番で1人自宅に居たとき、チャイムが鳴りました。 
    普通は、寝ているので無視するそうなのですが、 
    なぜか素直に玄関の扉を開けたそうです。 

    外には、女の子と 
    その母親らしい女性が立っていました。 
    彼は、親子となにか話したそうですが、 
    内容は全く覚えていないのです。 
    ただ、数分楽しく話したことだけしか記憶にない。 
    話している時、携帯電話が鳴りました。 
    失礼と言って電話に出ると同僚からの電話でした。 
    その内容に、はっとして振り向くと親子はいませんでした。 
    焦げ臭い臭いを残して。 



    212 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/08 23:48:00
    電話の内容は彼が前日に 
    火事現場から救出した親子の死亡通知でした。 
    救出した彼自身も危ない現場だったそうです。 
    親子は死の直後、彼にお礼を言いに行ったのでしょう。 

    その後、彼は危ない現場を多く経験しても 
    怪我をしないと言います。 
    小隊(消防でのチーム単位)の多くが 
    負傷するような現場でも無傷で帰還する。 
    彼に聞いたことがあります。なぜなのかと。 

    彼は言います。 

    退路を断たれても、呼ぶ声がする。 
    その声に従うといつの間にか外に出ている。 

    実力ではない、と彼は笑っていました。 

    私には彼の横に、 
    本当に幸せそうな女の子がいるのが一瞬見えました。 
    邪気が全くないその影に私は頷きました。 
    少し羨ましいとも思いました。 



    213 : (@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs [sage] : 投稿日:2003/06/08 23:56:00
    >>211 
    こわ切ないっすね・・・。 
    そう言えば最近、消防士三人が逃げ遅れて亡くなられた事件があったなー、、とか思いながら読ませていただきました。 

    このページのトップヘ