オカルト遅報

速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!

バケモンと一戦交えてきたんだよ

N112_kirikabu_TP_V

764 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/09/25(日) 20:00:05.81 ID:9evYXBnq0 [1/2回(PC)]
20年以上前、うちの爺さんの話。 
爺さんは近所の山で野鳥の写真を撮るのが趣味だった。 
ある日、山から戻った爺さんをみて皆驚いた。背中に大きな切り傷があり血まみれ、全身擦り傷だらけで服はぼろぼろ。 
右手の小指が折れており、変な方向に曲がっていた。どうしたのか、と尋ねると、 
「それがよう、山でよう、バケモンと一戦交えてきたんだよ、危なくやられるとこだった」 
という。家族全員呆れたが、話を聞いてみた。 
爺さんはいつものように山奥に入り野鳥を探していた。切り株に腰掛け、弁当を食べ始めると、背後に気配を感じた。 
振り向く前に何かで背中をバッサリ切られ、ものすごい力で押し倒されたという。 
それはフーッと深く息をしている。茶色の毛むくじゃらで、頭が大きく角はない。 
爪がとがっており、前足で威嚇しながら二本足で立つ、見たこともない獣だった。 
爺さんは逃げ切れないと判断し、応戦した。 
山用のナイフを持っており、それを武器に取っ組み合ったが、形勢不利だった。 
なんでも、獣の体に何か所かナイフを突き立てるも、相手はなかなかひるまず、 
鋭利な爪で次々と傷を受け、爺さんは半ば死を覚悟したそうだ。 
すると、どこからあらわれたのか、男がいつの間にか獣の背後におり、 
両手で振り上げた石で獣の鼻先を殴りつけた。獣はあわてて逃げて行ったという。 
男は非常に汚らしい格好で、頭髪は薄いがひげの濃い、そして異様に手の長い男だった。 
男は助けてやったんだから礼をしろ、と開口一番爺さんに言った。 
特に酒とたばこ、味噌がほしいと言う。 
爺さんは快諾し、ふもとに戻り有り金はたいて買い物をすると、男のもとに戻った。 
男は切り株に座り爺さんのお弁当を食べ、カメラをいじって遊んでいた。 
男はお礼の品に喜ぶと、 
「また何か困ったことがあったら手土産を持ってここに来い」 
と告げると早足で去って行ったという。 

家族は誰も信じていなかった。 


続きを読む

いつも夜はトイレに龍がいるから

PP_temizuya_TP_V

726 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/09/25(日) 05:55:05.93 ID:63rHTjeW0 [1/8回(PC)]
 子供の頃、トイレ行きたくなって目が覚めるの怖くなかった? 
オレはすごく怖くて、いつも母親を起こして一緒に行ってもらってた。 
ときどき、母親の髪とか寝間着とか変に乱れてる時があって、 
そんな時は母親が何だか不機嫌だったんだけど、今考えると 
「大人の事情」だったんだな、多分(3歳違いの妹いるしw)。 

 それで、ビビリのオレも大人になって、結婚して、子供出来た。長男。 
可愛い、すげ~可愛い。抱いてあやすとニコニコ笑うし、もう最高。 
こないだまでオムツ換えてた感じなのに、子供ってアッという間に大きくなるのな。 
嫁がトイレトレーニング始めてさ、嘘みたいに上手くいって拍子抜け。 
そこで気が付いた訳よ「こりゃ、いよいよオレ(達?wも起こされる)って」。 

 だけど全然起こされない。嫁に聞いても起こされた事は無いって言う。 
オレと違って寝るとトイレが遠い子供なんだな~って思ってた、その時は。 
でも、そうじゃなかったんだ。わかったのは3歳の誕生日過ぎた頃。 

 ある日、職場の飲み会で帰るのが遅くなった。 
前もって話してあったから嫁と息子は既に寝てる。家の中真っ暗。 
飲み足りなかったんで帰りにコンビニで買った酒とつまみで延長戦。 
良い気分でダラダラしてたら、寝室から「ガタッ!」と物音。 
びびって廊下を覗いたら、寝室の襖がス~ッと開いた。 

 
続きを読む

俺の家の至る所にお札を置いていっていた

PP_cyuukagainoryu_TP_V

703 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 23:11:27.38 ID:PK/gZCbs0 [1/9回(PC)]
俺には「絶対に夢じゃない」と言える金縛りの経験がある。 
今までの人生の中で、金縛りの経験はその1度のみだった。 

俺が高校2年生の時、夜10時頃、いつも通りベッドで寝はじめた。 
すると眠りに落ちる間もなく耳鳴りがして、足から順番に腰、胴、頭と、 
痺れが上ってきた。 
「まさかこれが噂に聞く金縛りか・・・?」ふとそう思った。


続きを読む

目を凝らしてよく見てみると長い髪の気味の悪い女性だった

PPH_kameraretoro_TP_V

693 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/09/24(土) 21:06:43.17 ID:eCBsPMAYO [1/3回(携帯)]
小学五年の時に年の一回り離れた姉が出産をした 
当時はデジカメなどなく写真を写すときは決まってインスタントカメラ 

生まれたばかりの甥を抱っこして何枚も何枚も写真を撮ってはカメラ屋に現像に出し撮った写真が出来上がるのを楽しみにしていたのを今でも覚えてる 

その時も出来上がったばかりの写真を楽しく見ていたのだがふと、部屋で写した一枚の写真がなんだかおかしい事に気づいた。手前に私と甥…そして奥の暗い方にあと一人写っている。 
目を凝らしてよく見てみると長い髪の気味の悪い女性だった。当時、我が家には髪の長い女性はいなかったしお客としてもこんなに髪の長い人はいなかったはず。 

当時からオカルト的な事に興味があった私は心霊写真じゃないかと半ば心震わせていた。 
だが日に日に見る度その髪の長い女性の表情が変わっていく事に気づいた。どう説明したらいいのかわからないが明らかに違う。悲しむ表情や怒りの表情、ちょっと笑ってる?表情…その時の自分の感情に伴っているのかもしれないが昨日とはまったく違う。 
さすがに気味が悪くなり両親もこの写真はお祓いしようと決めお寺に持って行った。私が最後に見たその女性の表情は…口を大きく開け、目を見開き何か驚いてるような苦しんでるような目を背けたくなるような本当に奇妙な表情だった。 

あれから十数年経ち、あの写真の事もすっかり忘れていたのだが、ついこの前、ふと思い出した。夜中、飲み会から帰ってきた私が歯を磨こうと洗面所へ向かい歯ブラシを取ろうと手を伸ばした瞬間、小さな蜘蛛がふと私の手に乗ってきた。 
虫が嫌いな私は驚き、キャッと手を振り払った。蜘蛛は逃げていったが、鏡に映った自分の固まった表情にまた驚いた。 
口を大きく開け、目を見開き…まるであの写真の女性のようだったから。 
あの写真が私に何を伝えたかったのかは今となってはもうわからない。 

だけど、もし私が何か事故にあうとすれば…もしかすると最後はあんな表情になるかもしれない。 
とにかく最近になって余計に事故には気をつけようと思う。 

ちなみに今の私の髪の長さは…あの写真に写っていた女性と同じくらいだと思う(エクステのため)

「・・・また会いましょう。」って言葉は耳にはっきりと残ってるよ

TSU85_koucyanotpod_TP_V

686 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 19:43:45.09 ID:aF7Vxn030 [2/5回(PC)]
俺の家で友人のAとBとで大学で出された課題を深夜までやってたんだけど 
作業が煮詰まってきて、今日はこの辺でいったんやめてどっか喫茶店でも行くか、みたいな話になってさ。 
3人で駅の方に歩いて言ったんだよ。 
ちなみに俺は学校の近くに独り暮らししてるんだけど、家から10分も歩けば喫茶店がたくさんある学生街に入れる。 
日付をとっくにまたいでたけどオール出来る喫茶店も一杯あってさ、よく学校の帰りとかうちの学生が朝までダベってたりするんだ。まぁ深夜だとトーストとか深夜料金で割高になるから、クリームソーダとかで居座るんだけどw


続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!
スポンサードリンク
メールはこちら