オカルト遅報

速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 後編1

235 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 19:08:58.32 ID:K+F3ZuES0 [14/34回(PC)]
そしてそれはゆっくりと俺とバイクから離れて行き、凛とした清らかな鈴の音を残して 
滝つぼの中へと消えて行った。 

幻を見ていたかのように茫然自失している自分をようやく自覚したとき… 
それが滝つぼに消えていった事がきっかけだったかの様に急に周囲の音が戻ってきた。 
滝を流れる水の音・秋の虫たちの声・バイクのエンジンは止まったままだったが、 
いつの間にか点灯していたヘッドライトが眩しすぎるほどに周囲を照らし出していた。 

計器類のバックライトも正常に点燈している。全てが夢幻だったのかとも思えたが、 
紛れもない現実である事を割れた右のバックミラーは雄弁に物語っていた。


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 中篇3

188 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 05:02:40.05 ID:K+F3ZuES0 [6/34回(PC)]
最初に映し出されていたものは神楽師のような衣装の袴のようなものだった。 
しかし足袋のあたりはゆらゆらと揺らぐ鬼火の加減でうまく見る事ができない。 

少し上に鏡面を向けようとしたがバックミラーは細かい角度調整が難しく、 
裃のような衣装が見えたかと思った瞬間カクっと上方向に動きすぎて夜空を映し出してしまった。 

微調整できないもどかしさを感じながら焦る気持ちを抑えつつ、もう少し下へ 
鏡面を動かした時、ようやく俺はそれをうまく鏡の中に捉える事ができた。


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 中篇2

136 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 23:15:15.85 ID:BbnkMxRy0 [27/29回(PC)]
まさに息を呑む情景に心を奪われた俺は完全に自失していた。 
そして息苦しいほどの静寂に支配されていたこの空間に… 
さっきまで途絶えていた虫の声に代わりにいつの間にか聞こえてきたのは 
静かな鈴の音色だった。 

遠くから近くから距離感が曖昧になっているが確かに鈴の音が聞こえる。 
それにかぶさる様に性別は判らないが低く一定の音程で祝詞のような声も聞こえている。 

言葉の意味はわからないが不思議と聞いている者の魂をひきつける様な 
一種の波動のような物を感じる声だった。それが空間から耳へ、大地から両脚へ 
直接伝わってくるような感覚だった。厳かな、そして秘めやかな祝詞に耳を傾けていると 
段々と言葉の意味が直接頭の中に響いてきた。 

断片的だが俺が聞き取れた内容はこうだった。


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 中篇1

130 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 22:53:33.34 ID:BbnkMxRy0 [21/29回(PC)]
102です 

規則的にアイドリングしていたバイクのエンジンが突然不規則になったかと思った 
次の瞬間に止まってしまったのだ。 
一瞬何が起きたのかが判らず思考停止状態になってしまった。 
そして猛烈な不安感に襲われた。 

周囲は月明かりもなく真っ暗。 
聞こえるのは滝を流れ落ちる水の音と虫の声そしてヘルメットの中で妙に大きく 
聞こえる自分の呼吸音だけ。 
エンストしただけならばヘッドライトは点燈したままになるはずなのだが、 
この時は違った。ヘッドライトはおろか計器類のバックライトもことごとく 
消えてしまっていた。 


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 前編3

120 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 22:28:20.12 ID:BbnkMxRy0 [15/29回(PC)]
102です 

そして後続のAはというとヘッドライトが消えて突然前が真っ暗になった事から 
最初は自分が転倒したのかと思ったらしい。 

ハンドルに衝撃を感じてTが消えたのがほぼ同時だったからだ。 
何とかパニックブレーキでフロントタイアがロックする寸前で停車に成功したので 
もらいゴケをせずに済んだと笑って話していたが、消えたヘッドライトを懐中電灯で 
確認したAの表情はにわかに硬くなった。 
Tが巻き上げた飛び石でヘッドライトが割れたと思っていたAだったが、ヘッドライトの 
カバー自体には異常がないのに中の電球だけが粉々に砕けていたからだ。 

走行中の振動でソケットが緩み、電球が中で踊ったために割れたのだろうとAは結論づけたが、 
これまた不可解なアクシデントに首を捻っていた。


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 前編2

114 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 22:08:56.90 ID:BbnkMxRy0 [9/29回(PC)]
102です 

下りのガレ場はフロントタイアを取られたら即転倒につながるため神経を使うし、路肩が曖昧になっている 
ガードレール無しの下りをタラタラ走るよりは少し登っても締まった路面を安全に走り、 
開けた場所があればすぐテントを設営する方が安全だろうというのが3人の共通意見だった。 
またよく見るとこの分岐点には小さな石柱が建っており地図には載っていないが昔は人の往来があった路かもしれない、 
たまに山中にある夏の降雨がある時だけできる小さな沢があるかもしれない。そうこう考えている間にも辺りはどんどん 
夕闇に包まれておりもはや地図は役には立たない。 
薄暗くなった山の中でバイクのヘッドライトだけを頼りに俺たちは登りのピストン林道に入っていった。 


続きを読む

スケジュールを合わせてやっと実現した旅 前編1

105 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 21:35:30.32 ID:BbnkMxRy0 [2/29回(PC)]
これは俺が2年前実際に体験したこと。 
大学時代の友人A・Tと3人でG県の山間部に1泊2日でフロードバイクツーリングに 
出かけたんだ。俺はまだ独身だが、他の2人は結婚して子供もいる。家庭もちで 
バイクに乗り続けるというのは家族がよっぽどでないとかなかなか難しく、 
今までに何度も誘っていたのだがなかなかスケジュールが合わず、気づいたらお互いもう 
40に手が届こうという年齢に。 
たまにメールをすれば「3人でまた走りたいな」なんてバイクの話題は出ていたが、 
このままでは「またいつか…」みたいな社交辞令で終わりそうだったので、 
今回は俺が強引に2人のスケジュールを合わせてやっと実現した旅だった。 


続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!
スポンサードリンク
メールはこちら